門田由貴子の人しごと見聞録

経営コンサルタント/キャリアカウンセラーの経験から、皆様にお役に立ちそうな情報をお伝えしていきます

AI時代の働き方に、充分な備えはできていますか?

5年前までは、AI(人工知能)なんて「SF映画に出てくるもの」と思っていた。
だが、既にあらゆる産業・あらゆる職場にAIを搭載したITシステムが導入されようとしている。

例えば…。
ある企業A社では、数千人規模で雇用していたある職種を、ほぼ全面的にAI搭載のシステムに代替する計画を進めている。
その機能を実験的に利用した人たちは、まさかAIが担当しているとは誰も気づかないらしい。
A社の全職場で、そのAIシステムが全面的に採用になれば、もう数千人規模の人間が要らなくなる。
当然、大量解雇だ。

別の企業B社では、ベテラン技術者の仕事ぶりをこまかく記録して、それをすべてソフトウェア化している。
「この道一筋30年」というのは、昔なら「栄誉」かもしれない。
だが、これから先の時代は違う。
「30年もの長い時間で、たった一つの仕事しかできない人」扱いされるかもしれない。

経営者の立場からみれば、AI導入はメリットが多い。

だって、人間はミスをする。気分にムラがある。相手によって態度が変わる。カンチガイ・思い込みは得意技。すぐに疲れるし、気に入らないことがあれば文句を言う。
職場では、相性の悪い人同士が絶えずケンカしている。
ハッキリ言って、人間をやとった経営者には心労が絶えない。

それがAIシステムなら、電源コードさえつないでおけば、文句も言わずに24時間365日働く。ミスをしない。誰に対しても同じ対応だ。職場の誰ともケンカしない。
経営者から見たら、良いことづくめだよね?

それでも、依然として多くの人は、まだAIを見くびっているらしい。
「単純作業が自動化される」なんていうのは、はるか昔の時代のお話なのよ。

いまや、高度な判断、ベテラン社員にしか担当できない難しい仕事ほど、AIに置き換わる計画が着々と進んでいるのである。

AIを、一昔前のアタマの悪いロボットと一緒にしてはいけない。
最近のAIは、ディープラーニングといって、ムチャクチャ優秀な人のノウハウをそっくりそのまま学習し、取り込んでしまう。
さらに、ビッグデータといって、世界中のデータベースから大量データを読み込み、もっとも成功確率の高い方法を瞬間的にみつける。

つまりだ、一つの会社で20~30年程度の業務経験のある「ベテラン社員」よりも、世界中のデータベースを参照できるAI搭載のコンピュータの方がはるかに賢い。
当然、正しい判断を求められる仕事、ミスが許されない仕事ほど、AIに置き換わっていくだろう。

これからAIが本格的に導入されると、世界的に働き方は変わっていく。

まず、人材(人財)争奪戦が始まる。
デキる人は、引く手あまた。
あらゆる産業で、新しい業務プロセスの再構築が始まるから。

一方で、AIに仕事を奪われて大量失業者が出る時代に突入する。
あなたの仕事は、近いうちになくなるかもしれない。
いや、あなたが「要らない人」になってしまう危険もある。

いま、「何をしたいのか分からない」「何をすべきか分からない」「将来が不安だ」「自分の未来の仕事やヤバい!」と感じる人には、とにかく今のうちに自分の能力を磨き上げることをお勧めします。

なぜか?

自分の能力も含めた「器」のレベルに応じて、チャンスや人脈・面白い仕事がやってくるから。

古い能力しか持たない人が、新しいプロジェクトに抜擢される可能性はゼロ。
低いレベルの人に、オモシロい仕事・おいしい仕事を任される可能性はゼロ。
その代わり、先進的なことを学んだ人や、高度で複雑な仕事をこなせる高スキルな人には、期待されて有意義な仕事がまいこむだろう。
 
というわけで、AI時代に備えて、【個人】の方向けに本格的な能力開発プログラムを2コース、ご提供することになりました。

●会社員向けの6か月間コース
⇒ 仕事力を高めて、スター社員になる! 
  デキる人養成講座。

●自営・起業・セカンドキャリア開発の12か月間コース
⇒ 天命で成功するためのすべてを、あなたにインストール! 
 生涯現役で年収1,000万円以上を目指す
 稼げる人養成コース

 詳細は、こちら(↓)でご確認ください。

kadota-y.hatenablog.com

 

では皆様、ごきげんよう~!

2つの能力開発プログラムをスタートします!

この秋から、2つの能力開発プログラムをスタートします。

(1)薔薇色仕事塾(ばらいろ・しごと・塾)

仕事力を高めてスター社員を目指しましょう。  
「いい人」から「デキる人」に変身!
<6か月間コース>

・対象者は、会社員、組織内で働く人。
・「デキる人」として高く評価されるための能力開発をしていきます。
・昇格やステップアップ転職を狙う方には、特におすすめです。

・スキルセットの習得に伴い、自信がつきます。  
・自己アピール力が高まるので、存在感と影響力が高まります。

(2)天命IDEA塾(てんめい・いでぃあ・塾)

もう迷わない!
天命で成功するすべてを、あなたにインストールします!
<12か月コース>
※IDEAとは、ギリシア哲学でいう「生涯をかけて目指す理想像」

・対象者は、セカンドキャリアを考える40代以上の会社員、起業を予定している方、既に自営業・フリーランスで独立している方。
・天命を知り、天職を実現したいと考える人。
・生涯現役で、組織に雇われずに働き、稼ぎ続けたいと考える人。

・自己認識を深めて、天職を発見します。
・年収1,000万円超が可能な、売れる商品とビジネスモデルを設計。
・生涯現役で働ける自信と安心感を手に入れてください。

◆2塾の運営方針:

・いずれの塾も、2017年11月開講。
・入塾初月の個人セッションで個別に目標設定をして、その方に  最適な成長プログラムを設計し、短期間で個別に徹底指導いたします。
・毎月、セミナー、個人セッション、グループセッションを通じて、  個人ごとの進捗を管理しながら、フォローアップしていきます。
・形式は、セミナー、対面指導の他に、SkypeやZoomを使った遠隔も。

・募集期間は、本日から11月4日まで。  
 いずれも10人までの少人数・濃厚指導型のプロジェクトです。


「能力開発/キャリア開発のプロフェッショナル」である門田の力量を 信じてついてきてくださる方にとっては、それこそ人生が変わる、劇的な期間となることでしょう。  
 少人数の方のために、門田が集中的にご指導させていただきます。

◆概要説明会&入塾相談会を開催いたします。

・日時: 10月20日(金)15~17時、19~21時      
     10月28日(土)10~12時、13~15時、16~18時
                  11月1日(水)15~17時、19~21時
 ※いずれも同じ内容です。

・参加費: 無料

・【完全予約制】です。  

・お申込み ⇒ http://www.ethos-net.com/contact/index.html   
 こちらのフォームから、氏名、メールアドレス、携帯電話番号、参加希望日時(できれば候補2つ)をご連絡ください。

 ◆資料(PDF)を希望される方は

資料だけ送付希望の方には、塾の概要に関する資料(PDF)を お送りしますので、その旨をご連絡ください。

・お申込み ⇒ http://www.ethos-net.com/contact/index.html   
 こちらのフォームから、氏名、メールアドレス、「塾の資料希望」とご明記ください。

 

 人生には、何度か「飛躍的な成長」「劇的な変革」が起こるものです。  
 自ら進んで自己改革・自己投資する先には、未来に向けた明るい希望が 見えてくることでしょう。   
 「今のままでは、未来が危うい」という危機感を感じている方にこそ、御参加いただきたいプログラムです。 

               門田由貴子

過去の自分を癒すことで、未来の自分への道が開ける?!

今朝は都内某所にてミーティング。
朝は苦手な上に、筋金入りの方向音痴ですから、初めて訪問する場所にたどり着くまでは、いつもドキドキひやひやです。

名刺交換して「初めまして」のご挨拶。
この瞬間も、ドキドキ。
「良きご縁か否か?」
それは、初めのわずか数秒で決まるような気がするからです。

しかし、そんな不安は、一瞬で吹っ飛びました。
開口一番、あちらから言われたことに、私はもう感激しまくりでした。

「大ファンなんです!お目にかかりたかったです!」と。

それは、私がペンネーム「キャサリン門田」で寄稿している記事が発端。
日経ウーマンオンライン誌上で、今年9月5日から隔週(火)に連載している「いい人脱出計画」というコラム。

「いい人」に未来はない 脱・いい人のススメ:日経ウーマンオンライン【もう人生で損しない! いい人脱出計画】
まもなく第4回が公開されますが、今のところ10回連載の予定です。

このコラムをお読みいただいたご感想は…。
「まさに私がいつも感じている問題なんです!それをこんなにズバリと表現してくださって…」と。

縁もゆかりもない赤の他人に、こんなに喜んでいただけるなんて。
それを知れた私は、幸せ者です。
他者の喜びをわが喜びとできる仕事を与えられてもらい、そのありがたさをしみじみと感じております。

 

実は、このコラムで話題にしている「いい人」とは、「がんばっているんだけど報われない、ちょっとイタイ人」であり、それは会社員時代の私自身のことなのです。

つまり、私が働く女性たちのために個人セッションしてお悩み相談に乗っているのも、働く女性たちのためにコラム原稿を書いているのも、すべて過去の自分を癒すため。

過去の私は、ほんとにショーもない、トホホな会社員でしてね。
自分はそれなりに頑張っているつもりなのに、ピントがずれている。
ガンバリ処がずれている、イタイ人でございました。

いま、過去の自分を振り返ってこう言えるのは、どうにかそこから抜け出てこられたからに他ならないわけであり。
それには、周囲にいる人々に、それはそれはお世話になりまくりでした。

だから、私が個人セッションをするのも、働く女性たちのためにメッセージを発信するのも、すべて過去への御礼です。

こうして、過去の自分を癒し、周囲のお世話になってきた方々に間接的に御礼をしていることで、なんだかそれが未来に向かう道を照らしているように思えてきたのが、ここ最近。

本日のミーティング内容は、まさに私にとっての新しい道。
暗黒の森の中で、私が次に進むべき道に、さっと一筋の光が差した。
まさに、そういう一時間でございました。

とても不思議な感じがします。
ですが、妙に力が抜けて自然体のまま、未来に向かえる気がしてきております。

りきんで頑張って何かを始めるより、自分に向かって差し伸べられた手をとる。
その方が、物事はすんなりと自然にうまく進むのかもしれません。

どうやら、新しい展開となりそうです。
静かにワクワクしております。

f:id:kadota-y:20171014002316p:plain

 

未来に向けた投資か?現在のための回収か?

 門田由貴子です。たまには、マジメなこと書いていいですか?

 そう遠くない時期に「いわゆる保守的・伝統的な大手企業」で事業売却や倒産、大量解雇・大量リストラが相次ぐのではないか?

 東芝やシャープの例は、氷山の一角。
 似たような現象は、これから相次ぐだろう。
 そう思わざるを得ない状況を、ここ最近で数多く見聞してきた。

 私が見てきた実態は、日本企業の中のほんの数十社に過ぎない。
 その立場から日本全体の産業トレンドが分かるわけではない。
 とはいえ、業種が違ってもよく似たケースをあちこちの企業で散見するのである。
(非常にもどかしいが、守秘義務があるので詳細は語れない)

 市場や顧客のニーズの変化に真剣に向きあわず、自社の都合、社内の都合でモノを考える「いわゆる一流企業」がなんと多いことか?
 さらには、会社を支えてくれている従業員への配慮に欠け、人としての育成すらまともにしない。従業員を使い捨てにしている企業の実態も、ずいぶん見てきた。
 大企業・一流企業ゆえの傲慢だ。

 そういう企業は、当然、業績悪化するだろう。
 いや、それよりも早く、内部崩壊していく。
 実際に、学級崩壊ならぬ「職場崩壊」している悲惨な例も目にしてきた。

 そもそもの発端は、企業の経営を内部昇格してきた「サラリーマン経営者」が担うことにあるようだ。

 長らく私は、大企業の幹部や事業部門長の要請に応える形で、人材開発・組織開発を中心にコンサルティングの仕事に携わってきた。
 時々、聞いて呆れてしまうのが、その「幹部の要請」だ。

 人材開発や組織開発は、技術開発と同様に、その努力が成果として形に現れるまでに最低でも数年間は要する。
 会社の未来の発展のために投資をしても、その成果が売上や利益につながる頃には、その投資を決意した幹部自身は既にリタイアしている。
 せっかく大決断をして投資しても、自分の手柄にならない。
 だから、そういうプロジェクトは、優先順位を後回しにする。
 それが、サラリーマン経営者に特徴的な思考パターンだ。

 サラリーマン経営者は、あくまでも雇われ経営者であり、本分はサラリーマンだ。
 彼らにとって第一優先は我が身。
 自分の任期のうちは、なんとしても失敗したくない。赤字を出したくない。
 自分の花道を美しく飾るために、過去に行った投資を急いで回収し、未来の販売計画も前倒して、短期的な利益を確保するのに血眼になる。

 歴代のサラリーマン経営者が、似たようなことを繰り返していったらどうなるか?

 誰も、会社の遠い未来に向けた投資を行わない。
 当然のように、会社は先細る。

 こういう幹部たちを、社内の従業員は冷ややかに見ている。
 本気で幹部をサポートしようなんて考えるわけがない。

 こうして、企業の力量は徐々に失われ、未来に対する希望が見えなくなっていく。

 そんな企業の様子を直観的に察するのが、入社したての若手社員たちだ。
「上司や先輩を見て、ああはなりたくないと思った」と言って辞めていく若者は、企業の本質を見ている。
 

 これは、企業経営に限った話ではない。

 個人としてキャリアを積み重ねていくときも同じだ。

 長期的に自分が活躍しようと思うなら、社会のために役立つ人材になろうと、勉強し能力開発に取り組む努力が要る。
 だが、それを面倒くさがって自己投資を怠れば、自らの未来が先細る。

 未来に向けた長期的努力をしている人ほど、未来が明るく、希望が見える。
 反対に、今だけに目を向けている人、自分の得だけを考えている人は、未来に何を希望として見出すのだろうか?

 そして、同じことが国家経営にも言えるだろう。

 目先の得(投票数や座席数)を獲るのか?
 日本の長期的な国家運営を考えて、若者や未来に投資をするのか?

 安易な投票とならないよう、各党のマニュフェストや各議員候補の発言にしっかりと耳を傾けたいと思うのだが。

 まかり間違っても、サラリーマン志向の議員が大量当選しませんように…。
(これって、誰に願えばいいんだか?) 

 …。珍しくマジメなことを書いてしまったが、たぶん、こういう話は誰も読まないんだろうなぁ…。

 

f:id:kadota-y:20170906134545j:image

 

最もリターン(回収利益)の大きいものは何か? まず「知る」ことから始まる!

こんにちは、門田由貴子です。
 

 今まで様々なモノ・コトに投資してきましたが、最もリターン(回収利益)の大きいものは何だと思いますか?
 

 はい、結果として、それが自己投資でした。
 すなわち、自分自身の能力を高める【能力開発】です。

  

 自分の能力が高まることで、新しいビジネスの可能性、新しい顧客、新しい収入源が増えるんです。
 もう能力開発は、売上・利益と直結しています。

 

 これは、会社員だった頃でも同じ。
 新しい能力を獲得したら、それまでとは違った働き方ができて、社内での企画や意見の通り方が段違いに変わっていきました。

 

 能力があれば、自分のやりたいことを、会社の中でできる。

 能力が高まれば、他の人が苦労していることでも、自分ならスイスイとできてしまう。

 

 だから、能力開発は、お得です。

 目に見えて効果あり。です。

 

 では、あなたは今、「自分の能力を高める」ことにフォーカスした活動を、何かしていますか?

 

 そして、あなたは今、どの能力を高める必要があるか、ご自身でしっかりと認識していますか?

 

 【能力開発】に取り組むなら、まず

「いまの自分に最も欠けている能力はなにか?」

「いまの自分にとって、どの能力を身に着ける価値があるか?」

「どの能力を手に入れることが、効果的か?」を

知ることが、スタート地点に立つことになります。

 

 そのためには、そもそも、ビジネス面で「デキる人」になるには、どのような能力体系があり、能力要素があるのか?

 これを知ることが絶対不可欠になります。

 

 これ、実に多くの人がわかっていないポイントですね。

 それもそのはず。企業の人事部門が、絶対に社員には知らせないことなんです。

 

 それ、知りたくないですか?

 

 ビジネス面で「デキる人」になるのに、身に着けるべき能力とは何なのか?

 いまの自分は、何が足りないのか?

 ワンランク上にいくのに、どの能力を身に着けるべきか?

 

 これが、スンナリとわかってしまう。

 そのお得な機会が、こちらです。

 

 9~10月の2か月間だけ、集中的に開催するミニセミナー

「うまくいく人になる キャリア成功3+1の法則」。
 
 最近にご参加くださった方のアンケート回答を、そのまま紹介させていただきますね。
  

f:id:kadota-y:20171001232131j:image

 

 このセミナー「うまくいく人になる キャリア成功3+1の法則」の開催は、10月6日午後と夜、10日夜、14日AMのあと4回だけとなります。

 もしも、今のうちに聞いておきたい! 知っておきたい!と思った方は、このタイミングをお見逃しなく。
 ただ私のレクチャーを聞いていただくだけではなく、ご自身の現状の能力レベルを「知る」ことができる機会となります。
 
 セミナーの詳細は、以下のリンクからご確認ください。

kadota-y.hatenablog.com

 では、ごきげんよう~!

あなたの問題や悩みを1時間で解決いたします。
門田由貴子の個人セッションは、こちらからご予約を承っております。
http://www.ethos-net.com/mendan/index.html
完全予約制です。
銀座の応接室でお目に掛かってご相談を承ります。
面談希望日の1週間以上前に、ご予約下さい。




Copyright Yukiko Kadota, ©2017~