次元上昇リーダーシップ by キャサリン門田

人生は変えられる。仕事も働き方も、人間関係や環境ですら変えられる。経営コンサルタント/キャリアカウンセラーの経験をふまえて、あなたをステージアップさせるポイントをご紹介していきます。

本気で仕事をステージアップしたい方へ

今年10月から、「次元上昇リーダーシップ本講座」を開講します。
   
「次元上昇」とは、仕事でステージアップすること
会社命令に従って自己犠牲する従来の働き方から、個性を発揮し自己表現する世界へシフトしたいと考える方を支援する本気の講座です。
 
そのために身に着けていただきたいのが、3種類のリーダーシップ。
①自分を動かす、セルフ・リーダーシップ
②人を動かすリーダーシップ
③組織を動かすリーダーシップ

キャサリン門田(門田由貴子)が、大企業のリーダー30,000人以上を育成してきたノウハウを、出し惜しみせず全力でお伝えする講座です。 

次元上昇リーダーシップ本講座の概要

<対象者>
・会社員・管理職・専門職(士業・資格職・フリーランスなど)
・仕事でもっとキャリアアップし、活躍したいと考える人
・リーダーとして主体的に、自己実現できる仕事をしたい人
・リーダーとして活躍するのに充分な能力開発指導を受けたいと願う人

<学習テーマ>
①セルフ・リーダーシップ
(自己認識、資質と才能、宿命と運命、ワークスタイル特性、自己価値発揮、セルフブランディングなど)
②人を動かすリーダーシップ
(言語化表現力、説明力、プレゼンテーション、対人折衝力、説得技法、心理学に基づく人間理解など)
③組織を動かすリーダーシップ
(創発・多様性・創造性・対話・チームビルディング・組織心理学・組織経営理論・会議運営ファシリテーションなど)

<期待効果>
・主体的・積極的に、個性や自分らしさを最大限に活かした活躍ができるようになる。
・自己理解を深めることで、自信をもって自己表現・自己アピールできる。
・リーダーにふさわしいコミュニケーション技法、対人関係力を身に着けることで、同僚や上司・部下とスムーズな協力関係が構築できる。
・同僚や顧客など周囲の人への説明・主張・説得がうまくできるので、
 自分の思い描いた通りに仕事を進められるようになる。業務の生産性が向上する。
・組織目標と自己目標を統合することで、会社・組織を動かすダイナミックな仕事を進められるようになる。これにより、努力が認められやすくなり、達成感が得られる。
・昇格・昇給・ステップアップ転職・独立起業など、仕事がステージアップする。

<参加資格>
・本気で仕事のステージアップに取り組む覚悟のある方のみ、ご参加いただけます。

<受講期間>
・全6か月間(2018年10月~2019年3月末)
・2018年10月27日(土)に開講
・受講確定者には、10月1日から個人セッションを開始します。

<本講座の内容>
・講義&演習6回、各回10:00~18:00(毎月第4土曜日)
・演習課題・レポートの添削アドバイス(提出は任意)
・Facebookグループで講義&演習に関する公開Q&A、
・個人セッション6回(月1回、対面またはZOOM)
・個別プログラムを設計し、目標達成に向けて個別指導

<その他>
・受講者特典、講座の運営方針、免責事項など、お問い合わせくださった方に詳細をお知らせいたします。

<募集期間>
・2018年10月17日まで。定員に達した時点で受付終了。

<参加費用>
・48万円から。
・サポート内容に応じて3コース設定あり。
 お問い合わせくださった方に詳細をご案内いたします。
 
<お問い合わせ先>
 株式会社エトス 門田へ。
 以下のお問い合わせフォームからご連絡ください。 

cia.or.jp

 

没個性の人、個性を発揮できない会社の行く先は…?

今まで、昭和から平成の時代の働き方のルールは、
「没個性で滅私奉公」「組織に順応し埋没する」
「長いものに巻かれろ」「出る杭は打たれる」
「社畜として、文句言わずに長時間がんばれ!」
というものでしたね。

こんな働き方をしていて、一人ひとりの個人が幸せになれるわけありません。

だって、まるで 映画『STAR WARS』に出てくるストームトルーパーみたいじゃないですか?

f:id:kadota-y:20180911174957j:plain


みんな同じ顔、同じ服装をしていて、没個性的。誰が誰だか見分けがつきません。
で、上司であるダース・ベイダーにこき使われているわけです。
彼らには、基本的人権もなければ、個人ごとのキャリア計画なんてものもないでしょう。ただ組織に使い捨てにされるだけの存在。

こういうのを「社畜」って呼ぶわけですよ。
悲惨としか言いようがありません。

 

当然、こんな働き方は、既に破綻しています。
いたるところで、会社崩壊、組織崩壊、ヒエラルキー破綻、社内秩序の崩壊、と呼ぶべき現象が起きています。
組織の中で、従業員は心身ともに疲弊し、精神疾患を発症する人は後を絶たず。

中には自他ともに認める「ブラック企業」「ブラック職場」もあり、次々に優秀な人から辞めていきますから、もう既に組織として存続させること自体が悪ではないかと思えるほど。

そもそも、誰にでも必ず個性というものがあるのに、その個性の発揮を組織の暗黙のルールで抑えている時点で、幸せな職場になれるわけがないでしょう。

もう、人を大事に出来ない会社は、潰れたほうが良いのではないかと思います。
いやいや、私がそんなこと思うより先に、既に事業が傾いていますから、放っておいても潰れるでしょう。

人材の個性を尊重せず、個性を発揮する機会を提供しない会社に、未来はありません。

ここ最近、企業から「組織の立て直し」をご依頼されても、「沈みゆく大型客船」としか表現できない、立て直し困難な組織をずいぶん見てきました。
残念ですが、「一度つぶれて、痛い目に遭わない限り、彼らは変われないだろう」、そう思ってお断りしたケースもあります。

その理由の一つに、改革したいと言っている社員たちに【個】としての主張がないんです。

現状の問題は見えている、わかっている。何とかしないとヤバい。
でも、それをどうしたいか?と聞いても、誰も答えない。意見がない。
思考停止していて、どんな組織にしたいか?アイディアすら出てこないんです。
残念ですが、お手伝いのしようがありません。

 
そして、没個性で何の魅力もとりえもない人、自分なりの意見も主張もない人は、これからの時代、タイヘンなことになりますよ。
もう自分の頭で何も考えられない人は、キャリア・プロデュースのしようがないんです。

長い間、「指示されたことをやる」に慣れてしまうと、沈みかけた船の中で右往左往するものの、「逃げる」という決断さえできない。
それでも、「なんとかなるんじゃないか?」と、変な期待をしている。

一体全体、誰がなんとかしてくれるんでしょうかねぇ?
誰も救ってくれる人はいないと思いますけど…?

 

そんなことを考えつつ、先日も「ミニセミナー」を開催して、ご参加された皆様にチェックシートでご自分を振り返ってもらうと…?

最も多いご感想が、「自分で自分がわかっていない」「個としての特徴がわからない」「個性の発揮、発信はまったくできていない」というものでした。

案外と多いですね。
自分の個性を抑圧してしまっている「優等生」な大人が…。

「なんとかなる」と思っているうちに、不本意な状況に流されていくのではないか…。そう心配しております。
ご自身の状況に気づいた人から、具体的な行動をとってほしいものです。

 

これから、かなり大きな社会的変化の波がやってきますよ。
あなたは、その大波を乗り越えていく準備はできていますか?

気になる方は、ぜひ、ミニセミナー「次元上昇リーダーシップ」にお越しください。
これからビジネス社会はどのように変化していくのか?
個人として、どのような気構えやスキルをもつべきか?
その辺を詳しくお話しております。

kadota-y.hatenablog.com

 

 

「なぜ、がんばっているのに報われないのか?」

あなたは、「なぜ、こんなに頑張っているのに報われないのか?」
と、思ったことはありませんか?

今回は、ミニセミナー「あなたの仕事をステージアップさせる!次元上昇リーダーシップ」にご参加くださった方のご感想を、詳しくお伝えしてまいります。

  

【ここから、お客様のご感想です】

・今まで「なんで、こんなに働いているのに、認められないのか?」
 「がんばっていれば、いつかは認めてもらえる」と思ってきたが、
 期待した通りにはならなかった。
 それが、どうしてなのか? 
 今日のお話を聞いて、腑におちました

・「長時間はたらかないと高収入は得られない」と思ってきたが、
 この考え方自体が、今の不本意な状況をつくっているんだと理解しました。

・自分のがんばり方が間違っている。
 そう、うすうす気づいてはいたが、何がどう間違っていたのか? 
 それが今日、ものすごくハッキリと納得できた

・今まで、自分の魅力や才能を真剣に考えたことはないし、
 だから、仕事の中で活かせていない。
 レクチャーを聞いていて、うまくいかないのが当然だと理解しました。

 ・自分なりに「チャンスだ!」と思って行動してきたつもりだが、
 そもそも戦略がない、準備もできていない。まちがっていた。
 それでチャンスをつかめるわけがないんだよね……。
 それを、しみじみと感じました。

・私は自己肯定感が低い。だから、
「どうせ私が何か言っても、わかってもらえるわけない」と
 初めからあきらめていた。
 これでは、コミュニケーションがうまくいくわけないですよね?

・自分の能力開発も中途半端。あれこれやってきたつもりだが、
 バラバラで、一本の串にささっていない。
 自分に何が必要なのかが、わかっていないかった。

 今日参加して良かったです。
 自分に何が足りないのか? 
 どうすれば状況を変えられるのか? よく分かりました。

・「人を動かすコミュニケーション」という話を聞いて、
 今までの私のアプローチがまったく逆だったと理解しました。
 私がやってきた方法は、自分の欲しい結果と方向が一致していない。
 これでは、いくら頑張っても、認めてもらえないですよね。 

・「リーダーシップ」の話は、今まで自分の頭の中にまったく
 そういう発想がなかった!(驚)
 上司のマネをしたら、部下の気持ちは離れてしまった。
 リーダーシップというものに関して、私は何も教わって
 こなかったし、何も知らないのだと驚きました。

・「がんばっているのに報われない」を解消するための
 原因と対策、これからやるべきことが明確になった

・「ステージアップするための3つのポイント」は、
 小手先のテクニックではなく、原理原則であると
 感じられて、印象的でした。

・マジメに仕事をしているのに「成果に結びつかない」と
 感じている人は、一度このセミナーに参加すると、
 迷いが晴れます。本当に来て良かったです。

 ・「こんなにがんばっているのに、満足感がない」
 「何かがおかしい」とうすうす気づいていました。
 「自分の今後を考えるタイミングがきている」と感じて
 いる人は、一度このセミナーを体験してみてほしいです

・参加して、非常に満足です。
 今まで疑問に感じてきたことや、不明確な社会の構造が
 明確になったため。

・このセミナーで聞いた内容は、
「本当の働き方改革は、どのようなことなのか?」に
 つながる内容でした。 

 <ご感想はここまで>

 

 

 さて、一種の【衝撃】ともとれる印象や感想をもたれた2時間弱のミニセミナー。

「あなたの仕事をステージアップさせる! 次元上昇リーダーシップ」

 

 お陰様で、着々とお席がうまりつつあります。
 わざわざ新幹線にのってご参加くださる方もあるほどです。

 

気になる方は、絶対にお聞きになったほうが良いと思いますよ。

なお、セミナーの概要については、こちらでご確認いただけます。

kadota-y.hatenablog.com

 

お申込みはこちらから。

お申込みフォーム:Ethos(エトス)

 

キャサリン門田でした。ごきげんよう~

 

 

【最新情報】ミニセミナー「次元上昇リーダーシップ」

昨年から大変ご好評いただいております、ミニセミナー。 
内容や開催日程など、最新情報をこちらで随時、更新していきます。
 
経営コンサルタントとして見てきた企業の内側。
企業の経営者/人事部長のホンネとは?
ますます従業員の状況はひどくなる?
人事制度の知られざる実態…。
日本の雇用情勢はどうなっちゃうのか?
  
「ライブ」ですから、何が飛び出すか分かりません。
来た人にしか語れない。ナイショの話も、本音丸出しで語ります。
  

ミニセミナーの開催要領

■あなたの仕事をステージアップさせる!
 「次元上昇リーダーシップ」

 (講義&演習、ワークシート付き) 
  

●ご参加いただいて効果が期待できる人:
会社員として、責任のあるお仕事を担当している方
・管理職(部長・課長・係長・主任・リーダー)として人に接する人
・将来に不安を感じる専門職・士業・フリーランス・自営業の方
・今のお仕事で、ちょっと疲れてしまっている人
・なんとなく、今の働き方に行き詰まり感を抱えている人
本当は、仕事を通じて大活躍して、充実感や達成感を手に入れたいと思う人
・本気で、将来のキャリアを考えたい、人生を変えたいと考える人


●このセミナーで得られるもの:
・今後のビジネス界の変化の方向性が実感できる
・これから「うまく行く人」「地盤沈下する人」の違いが明らかになる
・いま自分自身が置かれている状況が見えてくる
・現在の不安・消耗感・ストレスの理由がピンとくる
・今後の自分自身の立ち位置が予測できる
・これからステージアップするために、何が必要か分かる
 
●主な内容: 講義&ワーク
・時代は変わる。「働く」の意味が変わる。
・企業の中で起こっている確実な変化
・社会は分断され、狭い世界に押しこめられる
・次元上昇とは、活躍のステージを変えること
・ステージアップに必要な3つの力とは?
・ワークシートを用いた検討
・次元上昇をたすける【7つの秘宝】を手に入れろ!
・Q&A、個別ご相談

   

開催日程: 同じ内容を、以下の日時で開催いたします。
 ご希望の日時でご参加ください。
 

・10月6日(土)10:00~13:00<相談会つき>
・10月6日(土)14:00~17:00<相談会つき>

 

 

●会場: 銀座のセミナールーム
  (ご参加確定した方に、詳細をご案内します)

ご参加費: 大サービス価格の¥3,900円(消費税こみ)
 (退屈な飲み会より、ずっとお得ですよ!)   

お申込み方法: ↓こちら↓からお手続きください。
   
お申込みフォーム:Ethos(エトス)

 絶対に「聞いておいてよかった!」と思っていただける自信の内容です。
 気になる方は、どうぞお早めにお席を確保くださいませ。

キャサリン門田でした。ごきげんよう~!

 

期間限定★仕事をステージアップさせる【7つの秘宝】

******************************************************************
人間関係が苦手でも、自然にリーダーシップが発揮できて
仕事がステージアップする【7つの秘宝】
    期間限定 スペシャル特典付き!
******************************************************************
 
大企業で30,000人以上のリーダーを養成してきたノウハウ
を、このたび大公開いたします!
   
コミュニケーションや人間関係が苦手な人でも、
リーダーシップが発揮できるようになるコツがあるんです。
 
それが、次元上昇リーダーシップ【7つの秘宝】

完全無料メール講座で希望者全員にお贈りします。
 
 こちらのWEBサイトから、ご登録いただけます。
⇒ http://cia.or.jp/lp/
  
例えば、このコツを知った人は、こんな変化を実感されています。
 
例1)話し方や人との接し方を、ほんの少し変えただけで、
周囲の人が自然に協力してくれるようになった。
 
例2)会社員・管理職の方は、昇進昇格したり、
念願のプロジェクトに抜擢されたり。
  
例3)自営業や専門職の方は、お客様の評価が高まったり、
法人から大口の仕事を受注できたり。

このたび、

仕事を短期間のうちにステージアップさせるノウハウ
「次元上昇リーダーシップ 7つの秘宝」を、
完全無料のメールプログラムとして公開いたします。

 

ご興味のある方は、今すぐ、こちらのWEBサイトからご登録ください。

 

⇒ http://cia.or.jp/lp/

 
この時期だけの、期間限定の特典ももれなく
ついていますので、どうぞこのチャンスをお見逃しなく!

これをもらっておかないと、一生後悔するかもしれませんよ~。
 

f:id:kadota-y:20180824035345p:plain


 

【6名様限定】世界観が変わる知的刺激!

「モノの見方が変わる」「目から鱗が落ちる」、もしくは、「今までの常識がくつがえる」という瞬間を味わいたい方はいらっしゃいませんか?

 それなら、ぜひ、八木博さんのレクチャーをお聞きください。

 八木博さん(工学博士)は、日本の大手企業でのキャリアを捨てて、シリコンバレーに移住して起業。世界最先端を生み出す企業と多くの接点を持ち、常に最新情報をリサーチされている方です。彼のクライアントは、いずれも日本の大手著名企業ばかり。

 しかも、八木さんの個人的な研究テーマは、「世界の歴史から日本を見る」こと。
ご自身でも世界各国を旅行しつつ、膨大な歴史書を読み、今なお専門的に歴史や地政学を学び、日本の政治・経済・産業界を分析されています。

 今までにも数回、八木博さんに特別にお願いをして、当社のセミナールームでレクチャーをしていただく機会を設けてきました。
 毎回、ご参加された方は、受けた知的刺激に大満足!大興奮!

 八木さんのお話を聞くだけで、少なくとも「日本という国に対する見方」が変わり、あなたの世界認識が変わるほどの知的刺激を受けられることをお約束いたします。

 そんな八木さんのレクチャーを、以下の要領で開催できる運びとなりました。

八木博さん特別レクチャー&夕食会のお知らせ

  • 開催日: 2018年 9月20日(木)
  • 開催時間:
     ①特別レクチャー 13:00~18:00【満席】
     ②本音で語る夕食会 19:00~21:30【満席】
  • 開催場所: 銀座(メトロ銀座から徒歩2分)
     ご参加確定された方に、詳細をお知らせいたします。
     
  • 主な内容: 世界の歴史とトレンド、世界から見た日本
    1.特化した分野での日本企業の活躍事例
    2.しかし存在感がますます希薄になる周回遅れの日本という仕組み
    3.ソフトウエアがすべての背後に
    4.ITが表に出るビジネスは通信インフラだけ
    5.中国は人を介して米国から技術、インフラを総取り
    6.シリコンバレーのトレンドの一部
    7.勉強する仕組み(高い給料、いい職場、いい人間との付き合いを求めて)
    8.政府は仕事を作り出す義務がある、そのためにInnovationが必須だ
    9.Innovationマインドと変革マインドは表裏一体
    10.全ては自分の問題だ
    11.「歩きサンドリア図書館」とは
     
  • 会の運営要領:
    ①特別レクチャーは、八木さんの講義を聞くだけでなく、その場に集まったメンバー同士での意見交換も進めていきます。共通情報に基づいた「価値ある対話」にふさわしい方にご参加いただきたいと思います。
    ②本音で語る夕食会は、ワインセラーのような落ち着いた雰囲気のある銀座のレストランで、美味しいディナーとワインをいただきながら、本音丸出しトークで盛り上がりましょう。

  • 八木博さんプロフィール

    東京生まれ。大学院卒業後、1977年三菱系化学メーカーに入社し、倉敷市の工場に勤務。石油化学触媒開発10年。その後8年光磁気ディスク(MO)の開発販売に携わる。18年勤続後、1995年から米国でのMOの販売支援、新規事業開発のため米国子会社Verbatim社に出向。シリコンバレーのダイナミズムを直接感じ、ここで仕事人生の後半を送ることを固く決心。200152歳で早期希望退職に応募し、シリコンバレーでIMAnet, Inc社設立。人材を軸としてビジネスを構築し、日米間の、技術、情報、企業交流を推進。「自分の守備領域でTopになることがビジネスの根幹」と考えて会社は設立18年目に入る。現在は人の育成にも重点を置き、英語情報読み解きの勉強会は4年目に入る。デジタルデータベースの活用も積極的に進めており、情報の活用に関しても統合的なシステムを構築中。日本の新しい動きに対する支援も積極的に始めている。(熊本市、西条市)

  • 八木さんから頂いたメッセージ:
     日本の置かれている状況は「日本語情報ではわからない」と英語新聞の勉強会を続けて、3年経ちました。やはり、思ったとおりで、勉強した人は、自分から考え自分で情報を集めています。
    「自分で考える」ことが生きる基盤であることは今も変わりません。
    しかし、シリコンバレーから見た日本は、相変わらず大本営思考、現場情報は希薄、そして目先の対処に追われ、最後は言い訳ばかり。
    そんな中、私も今まで勉強してきたことをまとめる段階に入り、「歩きサンドリア図書館」を作って、毎日学習しています。
     このたびは、門田さんの強い要請があり、研究内容の一端をお話させていただきます。
  • 募集人数: 
     ①特別レクチャー 6名様 【満席】
     ②本音で語る夕食会 6名様 【満席】

  • 参加費:
     ①特別レクチャー ¥21,600(消費税を含む)
     ②本音で語る夕食会 ¥8,640(ディナー、ワイン飲み放題、消費税を含む)

  • お申込み方法: 【満席につき受付終了しました】 
     
  • お願い:
     ①②いずれも先着順で6名様のみの募集です。ご興味のある方は、至急お席を確保ください。予約は受けておりません。申込と参加費お支払の確認ができた方からお席を確保していきます。
     9月13日以降でのキャンセルには、ご返金できません。

 以下は、昨年夏に当社会議室でレクチャー中の八木さん。

f:id:kadota-y:20180822153454j:image

 
 知的刺激を求める方のご参加を楽しみにお待ちしております。

キャサリン門田でした。

 

「〇〇女子」「女子力」に潜む危なさとは?

Facebookで友達申請くださった方々を大量に承認したら、私のタイムラインは見慣れぬ言葉のオンパレードとなった。

その中の傾向の一つとして目立つのが、
「〇〇女子」「女子力」というキーワード。

私のリアル友達は、性別を問わず、様々な分野で活躍されている方が多く、自分でわざわざ性別に言及しない。
ましてや、「女子」「女子力」という言葉はまず使わない。

一方で、「〇〇女子」「女子力」を多用するのは、共通の傾向のある女性。
(しかも、女子という割にイイトシだ)

彼女達に共通する傾向として、

「女性とはかくあるべし」という
性別意識が強く、彼女達自身がそこに囚われている。

同時に、理想の女性像とは異なる自分にコンプレックや引け目を感じている。
また、女性であることの狭窄感を感じている。

その心理的な痛みが透けて見えるから、
画面を見ていて痛々しい。
スマホを持つ手が、重たく感じる。

そして、彼女達は、「〇〇女子」「女子力を上げる」という言葉を使った巧妙なセールスに、
易々と騙されていくんだろうなぁ…。
(カモがネギ背負ってる状態)

危ないなぁ。
コンプレックス持っている女性は、ダイエットや美容系の怪しい商法の格好の餌食になりやすいから。

ここまでは、あくまでもワタクシの個人的な勝手な感想です。

何気なく使う言葉から、その人の心理傾向や深層心理を読み取るのは、カウンセラーとしての職業病かもしれないけど、ね。

f:id:kadota-y:20180821112958j:image
(^^)v

あなたの問題や悩みを1時間で解決いたします。
門田由貴子の個人セッションは、こちらからご予約を承っております。
http://www.ethos-net.com/mendan/index.html
完全予約制です。
銀座の応接室でお目に掛かってご相談を承ります。
面談希望日の1週間以上前に、ご予約下さい。




Copyright Yukiko Kadota, ©2017~