読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

門田由貴子の人しごと見聞録

経営コンサルタント/キャリアカウンセラーの経験から、皆様にお役に立ちそうな情報をお伝えしていきます

出会いあり決別あり。そういう時期なのです。なぜならば…

ここ最近、私の身の回りでは「出会いと別れ」の話題に事欠きません。

仕事で待望のメンバーと出会う。新しいチームのキックオフで親しくなる。他社との事業アライアンスが固まった。企業のM&A構想が固まった。新しい彼氏ができた。などなど。

一方で、Facebookやblogには「もう◯◯さんとは付き合えない」「△△さんに愛想を尽かした」「✖️✖️さんと縁を切った」など、個人的なことをわざわざ世間に向けて決別宣言している人がなんと多いことか…。(笑)

  

元々日本では4月から3月までを「年度」とする風習があるので、3月に別れて4月に出会うのは珍しく事ではありませんね。

それに加えて、太陽系の惑星配置も私たち人類に影響を及ぼしています。(この惑星による影響を読み解くのが、西洋占星術なんですが)

  f:id:kadota-y:20170411093051j:image

具体的には、本日15:08は天秤座の満月。

これは、人間関係やパートナーシップの分野において「何かしら結論が出る」タイミングなのです。

だから、今まで何となく付き合ってきた曖昧な関係に、自分の中で結論が出るようなことが起こります。

その結果が、「やっぱりこの人、好きだなぁ」と相手の良さを再認識した新しい段階のパートナーシップに発展したり、「もうダメ!激おこプンプン丸!(古い?)」と縁切り宣言になるわけですね。

   

人が人を見て「好き/嫌い」の判断をするのは、まぁ仕方のないこと。

ただ、オトナになれば物事はもっと複雑。たとえ大嫌いだとしても、「もう嫌い、付き合わない、口もきかない」というわけにはいきません。そんな単細胞で思慮のない判断は、やがて自分自身を幼稚で小さな器に押しとどめてしまうことになるでしょう。

何かしら事件が起こるときは、イヤな人とでも上手く付き合っていける自分に成長するチャンスでもあるからです。

  

イヤな人は、何がどうしてイヤなのか? それを探ってみると、実は自分自身にも同じイヤな部分があると気づくものです。心理学ではそれを「自分のシャドーを他者に投影している」と説明いたします。つまり、自分を見直すきっかけになりますわね。

  

さらに、誰かを一方的に「悪者扱い」して、そう決めつけるのは避けるべきでしょう。たいていの人間関係は、昔々に理科で習った「作用/反作用」の現象だからです。相手が何かしらイヤな事をしてきたのは、そう反作用させてしまった原因が自分にあるから。自分の無自覚にやってきた作用が、相手の反作用を引き出した。…とも考えられるからです。

   

いずれにせよ、今日、天秤座の満月を含む数日間は、世界中の人々が人間関係を見つめる時。せっかくのこのタイミング、どう活かすか? すべては、あなた次第ですわね。

   

私もイロイロあります。逃げずに自分を反省する日にいたします。

 

では、皆様ごきげんよう。

 

門田由貴子の個人セッションは、こちらからご予約を承っております。

http://www.ethos-net.com/mendan/index.html

完全予約制です。
銀座の応接室でお目に掛かってご相談を承ります。
面談希望日の1週間以上前に、ご予約下さい。 

本職は経営コンサルタントです。具体的に何をしているかといえば…

最近あるところで、「で、門田さんは何をしてくれるの?」と質問されまして。
私としては、その質問に「えっ…?」でした。
f:id:kadota-y:20170410003757p:plain

どうやら、私が何を仕事にしている人間なのか、ご存知なかった様子。
何度もお会いしているのに、案外と知られていないものですね。
きっと、世間なんてそんなものなのでしょう。

ということは、ウルサイほど自己紹介しておかねばなりません。

改めて、私の職業を書いておきますと、本職は経営コンサルタントです

クライアントのほとんどは、ずうっと一部上場企業・大企業・著名企業さんです。
とはいえ、ここ数年ほどは、大手企業の本社部門から「子会社・孫会社・下請け会社もなんとかならないか?」というご依頼が増えつつあり、中堅企業・中小企業・ベンチャー企業のサポートも担当しております。

そこで何をしているかといえば…。

  • 会社の特徴や問題点を抽出し、改善アドバイスする【経営診断・組織診断
  • 事業目標を達成するための【戦略策定・事業計画立
  • 組織風土改革・収益性の高い組織づくりなど【組織開発
  • 経営幹部養成・管理職強化など【人材開発
  • 仕事の生産性を高める【業務プロセス改革
  • ワークスタイル改善や職場のルール変更など【働き方改革
  • 人事評価制度づくりなど【制度設計
  • 職場の「問題児」のお世話など【EAP(従業員支援)】

 などなどのプロジェクトを企画推進しております。

企業に特有の問題に応じて、最近では、

  • 言語不明瞭な社長の発言を、社内に分かりやすく伝える【通訳・社内広報】
  • 社長のスピーチ原稿やプレゼン資料を作成する【広報・IR】
  • パワハラ社長を説教する係
  • 管理職昇格試験の試験官・面接官

なんていうのも担当してまいりました。

まぁ、分かりやすく言えば、「臨時採用の社長の右腕」とか「社員にはナイショの特命係」というところでしょうか?

私が担当している仕事は、たいてい社員さんたちには知らされていません。
それゆえ、月に2~3回ほど社長と密談していることを指して、時々「社長の愛人か?」と噂されることがありますが、それはハッキリ言って迷惑至極でございます。
私にも好みはあるのですから…。

あっ、話がどうも脱線してきましたので、この辺で終わりにいたしましょう。

全国の社長さま幹部さま、社員には任せられない仕事・お悩み事がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。
単発の個別面談(1Hもしくは2H)も承っております。

お問い合わせは、こちらからお願いいたします。
http://www.ethos-net.com/mendan/index.html

 

では、皆様ごきげんよう。

メール受発信だけで仕事した気になっているのは誰だ?!

こんにちは、門田由貴子です。

先日、ある大手企業の管理職の業務分析をしておりましたら、驚く発見がございました。
そもそも発端は、経営幹部さんから「極めて生産性の悪い部署があるから調べてほしい」とのご要望で始まった業務分析。
手始めに、その部署の管理職やリーダーが朝から晩まで何をしているのか調査したんですよ。

そこで分かったことは、なんと! 
利益につながる本来業務をしている時間はわずかなのに対して、最も時間をかけている仕事が「メール対応」だったのです。

断言しますが、管理職がメール対応にいくら時間をかけたところで、1円の利益にもつながりません。売上も増えません
にもかかわらず、朝から晩まで席でPC画面をにらんで、何をしているかと思いきや「メール対応」だなんて…。
そりゃぁもう、生産性は悪いし、業績目標が達成できないし、リアルに発生している問題への解決なんてできるわけありませんよね。

困ったことに、彼らはすっかり「メール対応」で仕事をした気になっているんです。
もう、業務の目的や戦略、結果指標なんて眼中にないわけです。
PC画面に次々表示されるメールに振り回されているんですね。

驚きました。いや、呆れました。
でも、決して珍しい症例ではありません
IT化の進んだ現代においても、メールを効果的に使いこなせない会社や人は案外と多いんです。

大企業の管理職がやっている「メール対応」をざっくり分けると、
①幹部やスタッフ部門からの指示を、部署内の部下に伝えたり、部下に業務指示を出す。
②部下から送られた報告書やメールを読んで回答する。
のいずれかがメイン。
ほとんどが社内メールです。
そして、おまけに、③社外から受信したメルマガを読む。というのがあるわけです。
(それ、仕事じゃない!ヒマつぶしでしょ?)

で、ある管理職のメール対応の状況を拝見すると、たった1通のメールを処理するのに40分以上もかかっていることが分かりました。

なぜ、そんなに時間がかかるのか?
理由は、読解力が低くてメールの本意をくみとれない。
文章ライティング力が低い、ボキャブラリーが不足、説明力が低い、メールの読み手に対する配慮ができない。だから、一度書いて発信したメールに、何度も確認や質問、それに対する補足説明が発生する。

そして最大の問題は、メール発信して訳の分からない説明をして、管理職が職場に混乱をまき散らしていることです。

本来、メールも含めたPC機能は、業務の生産性と効率を上げるためのもの。
なのに彼らときたら、PCリテラシーやメールの使い方が下手すぎて、かえって仕事の生産性を下げているわけです。
それなのに、彼らは「オレは大手企業の管理職だ」というプライドだけは10人前。
これが年収1000万円を越える管理職なんですから、この部署の生産性も業績も悪いのは当然なわけですね。

もうこのレベルになると、メールのテクニックを教える程度では問題解決になりません。
下手なプライドが邪魔をして、新しい知識やテクニックを学ぶ気もないのですから。

で、私が彼らに提案したのは、「社内のコミュニケーションに関してはメール禁止!すべて関係者と対面で話し合う!資料はメール添付せず紙で渡す!」

なんと時代の流れに反するアドバイスかと呆れるでしょ?
でも、PCリテラシーの低い人達には、この前時代的なアナログ処理の方が生産性が高いんです。

なお、これはあくまでも一般論ではなく、この問題部署の特定の人達だけに対する【例外的な緊急措置】としてのソリューションですよ。
私はメール廃止論者ではありませんので、誤解なさらないでくださいね。

メールが普通に使えている人で、さらに「ビジネスメールを、もっと効果的に使いこなしたい」とお考えの方には、別のもっと効果的なソリューションをお知らせいたしましょう。
それは次のブログで。どうぞお楽しみに。

では、本日もごきげんよう。




門田由貴子のコンサルティング・管理職研修のご依頼は、
こちら ↓ からお問合せください。

お問い合せ:Ethos(エトス)

f:id:kadota-y:20160729183109j:plain

 

なぜヒットするのか?ベストセラー作家&出版社社長から直接教わる「売れる秘密」!

この世の中には、飛ぶように売れるものがある一方で、まったく売れないものがある。
似たような仕事をしているのに、次から次へとチャンスが舞い込み大成功している人がいる一方で、誰からも見向きされずに閑古鳥が鳴いている人もいる。

何がその違いをもたらすのでしょうか?

どうやらその一つの理由が、「売れるコンセプト」の有無にあるようです。

その辺は、実際にヒット作をガンガンと世に送りこんでいる人から教えてもらうしかありませんね。

そこで、ベストセラー作家であり出版社社長をされている方から、直接教えていただける会を開催します。

こんなスゴイ機会、めったにありません!
以下の条件に少しでも該当する方は、絶対にこの機会をお見逃しなく!

<こんな方にお勧めします>
・いつかヒット商品を出したいと考えるビジネスマン
・自社の商品やサービスをベストセラーにしたい経営者
・ベストセラー本を出版したい方
・自分自身のブランディングをしていきたい専門職
・これから有名になりたい人
・自分の企画を通して、夢を実現したい人
・ベストセラー作家のお話を聞いてみたい人
・出版社の社長に会ってみたい人

特別な、本当にめったに開催できない特別なイベントのご案内です。

★特別な読書会★
『どうすれば、売れるのか?
 世界一かんたんな「売れるコンセプト」の見つけ方』

 

なんと! この会を指導してくださるのは、この本の著者であり、ベストセラー作家で、なおかつ出版社の社長をしている木暮太一さん。

木暮太一さんのプロフィールはこちら。
 
作家、一般社団法人 教育コミュニケーション協会 代表理事
慶應義塾大学経済学部を卒業後、富士フイルム、サイバーエージェント、リクルートを経て独立。説明能力と、言語化能力に定評があり、大学時代に自作した経済学の解説本が学内で爆発的にヒット。現在も経済学部の必読書としてロングセラーに。相手の目線に立った伝え方が、「実務経験者ならでは」と各方面から好評を博し、現在では、企業・団体向けに「説明力養成講座」を実施している。フジテレビ「とくダネ!」レギュラーコメンテーター、NHK「ニッポンのジレンマ」などメディア出演多数。『「自分の言葉」で人を動かす』『カイジ「命より重い!」お金の話』『今までで一番やさしい経済の教科書』など著書多数、累計150万部。


★特別な読書会★
『どうすれば、売れるのか?
 世界一かんたんな「売れるコンセプト」の見つけ方』

 

<開催要領>
・日時:5月11日(木)19:00~20:30
・会場:銀座のセミナールーム
(ご参加が確定した方に詳細をご案内します)
・ご参加費:3,240円(消費税を含む)


<ご参加いただくための方法>

1.まずは、こちらからご参加手続きをしてください。
https://www.ethos-net.com/application/index.php
  ↑ 株式会社エトスの申込フォームです。
    クレジット決済が便利です。

お申込手続きが完了した方には、自動返信メールが届きます。
ときどき「迷惑メール」にはいって自動返信メールが見つからない方がありますので、ご注意ください。

2.こちらの書籍をお近くの書店でご購入の上で、熟読ください。
 『どうすれば、売れるのか?
  世界一かんたんな「売れるコンセプト」の見つけ方』
 木暮太一著・ダイヤモンド社
 4月13日発売(発売タイミングは地域によって数日の差があります)

f:id:kadota-y:20170407074526j:plain


3.読書会の当日は、この本を必ずご持参ください。
 この本の内容に沿って、木暮さんからワークやレクチャーが行われます。

 

本をご持参されると、読書会の後で木暮さんからサインをしていただいたり、写真撮影にもご協力いただけるそうです。

ベストセラー作家・出版社社長と直接お会いできる機会なんて、めったにありません。
少しでもご興味のある方は、ぜひ、ぜひぜひ、ご参加ください。

少人数制で開催しますので、満席になり次第、受付終了させていただきます。
お席をお早めに確保されることをお薦めいたします。

もちろん、この会には私も参加させていただきますので、一緒に勉強して、共にベストセラーを目指しましょう!



では、本日もごきげんよう~

門田由貴子の個人セッションは、こちらからご予約を承っております。http://www.ethos-net.com/mendan/index.html
完全予約制です。
銀座の応接室でお目に掛かってご相談を承ります。
面談希望日の1週間以上前に、ご予約下さい。

女性社長3人によるお話会「女性のための働き方・女性らしい起業術」

ハッキリ言って、男性と女性では働き方が異なると思うんです。
発想も違うし、適性も違うし、何より体力が違いますもの。

たいていの会社って、男性がつくった、男性に都合の良い ”旧式のシステム” で運営されているので、女性にとってはキビシイ面が多々ある世界。
そんな会社でムリして頑張らなくても宜しいのでは?

もっと女性にやさしく、女性らしくいられる働き方を創っていきませんか?
 
社会起業とか大変革をしようというのではなく、一人ひとりの個人が「自分らしさ」を思いっきり追求すれば、自分らしく個性的にクリエイティブで、そして、何よりツラくないストレスのたまらない働き方ができるはず。

そういう方向性で、今まで何人もの有能な女性たちの働き方・稼ぎ方をデザインしてきました。

というわけで、5月7日(日)に「女性のための働き方・女性らしい起業術」をテーマに、ゆるゆるっと楽しいお話会をいたします。 

 ・会社員ではなく、企業に雇用されずに働くって、どんな感じ?
・女性で起業するって、うんと大変?
 いやいや、無理せずゆるっとやればいいんだよ~
・そもそも、いまの時代、会社員ってストレスで大変でしょ?
 もう、会社って制度そのものが崩壊しているしね~
・自分らしい働き方をするなら、特に女性ほど起業した方が楽よ~  

…なんて感じに、ゆるめに、しかし、お役に立つ価値あるお話をする予定です。

しかも、講師は私を含めて女性社長3人。

ロールモデルをお探しの方、ご自分の働き方を考えていきたい方には、個別アドバイスもしますから、かなりお得な会です。

講師のお一人目は、私が密かに「観音さま」と呼んでいるメグさん。
お二人目は、「豊かさの女神」を体現したような弘子さん。
このお二人を絵にすると、こんな感じです。

f:id:kadota-y:20170406231052j:plain


この二人を味方につけておくと、「もう何があっても大丈夫だな」という安心感があるほど素敵な方々です。

そして三人目が私。
この機会に、ぜひぜひ、会いに来てください。
きっと、何かしらのヒントになりますよ~
 
<開催要領>

・イベント名: 5/7 薔薇色起業塾プレお話会

・日時: 5月7日(日)
 昼の部11~14時、午後の部15~18時。
 2回同じ内容で開催しますので、ご都合の宜しい回にご参加ください

・場所: etomo ami さん
(東京メトロ「外苑前」から徒歩2分)

・講師: 女性社長3人
 (株)etom ami社長 橋本恵実さん
 (株)リバアート社長 川島弘子さん
 (株)エトス社長 門田由貴子
 ※いずれも起業して10年超の勝ち残り組

・内容: レクチャー、自己発見ワーク、質疑応答など

・ご参加費 ¥6,000円(お茶・お菓子、お土産つき)

 

 この会の詳細は、メグさんがこちらでご紹介しています。

ameblo.jp  橋本恵美さんのブログです。

 

 お申込は、こちらからお手続きください。
 http://etom-ami.com/contact/
 ↑ 株式会社etom ami さんの申込フォームです。

 

 

では、ごきげんよう~


門田由貴子の個人セッションは、こちらからご予約を承っております。http://www.ethos-net.com/mendan/index.html
完全予約制です。
銀座の応接室でお目に掛かってご相談を承ります。
面談希望日の1週間以上前に、ご予約下さい。

あなたの問題や悩みを1時間で解決いたします。
門田由貴子の個人セッションは、こちらからご予約を承っております。
http://www.ethos-net.com/mendan/index.html
完全予約制です。
銀座の応接室でお目に掛かってご相談を承ります。
面談希望日の1週間以上前に、ご予約下さい。




Copyright Yukiko Kadota, ©2017~