門田由貴子の人しごと見聞録

経営コンサルタント/キャリアカウンセラーの経験から、皆様にお役に立ちそうな情報をお伝えしていきます

うまく行っている人の最大の特徴とは?

 傍から見ていて、物事がうまく行く人と、そうでない人がいますね。
 両者の最も大きい違いは、何だと思いますか?
 その一つの答えが、どうやら、【自己理解のレベル】の違いではないかと思うのです。

 具体的なケースで考えてみましょう。
 会社員としてのキャリアに伸び悩んでいる人が、会食の場で「私はすごく細かいことに気づいて、あれこれ配慮してあげているのに…、~~してもらえなくて…」と職場の処遇や上司・同僚らの不満を言っていました。

 これを聞いた私は、「うそでしょー?!」と、あごが外れそうに驚きました。私の目に映っていた彼女は、気が利かない人の典型例だったからです。他の人から親切にされたり、何かモノをもらっても、感謝の言葉一つ出てこない。まるで「当然だ」と言いたげな態度で「もっと」と要求してきます。自分よりずっと年上の人に対しても、配慮どころか礼儀すら見えない…。

 なのに、彼女は自分自身のことを「とても気が利く女性だ」と思い込んでいたのですね。その場にいた他の人たちも「ありえない…」と驚いていました。
 これほど自分のことが見えていない人も珍しいとは思います。

  この例のように、自己理解が不足している人に多いのが、「私は~~しているのに、〇〇してもらえない」という不平不満や愚痴。ネガティブ感情を抱えているので、対人関係にも反映して、おのずと他者からの支援や協力が得られにくくなります。

 その反対に、自分のことを長所も欠点もよくわかっている人達は、自分の活かし方・律し方が分かるので、周囲の人にも不満を感じず、うまく付き合っていけています。
当然、チームで活動していても、大きな成果を出しやすいので、仕事にも満足がいくようです。

 では、この【自己理解のレベル】を高めるのに、どうすればいいでしょうか?

 私がお勧めしているのが、「ワークスタイル診断」を受診して、日本人30万人の人材データベースをもとに、自分自身の思考・感情・対人傾向・行動パターンの「偏差値」を知ること。
 そのうえで、個人ごとの【傾向と対策】をかなり具体的に話し合ったりアドバイスしたり、という機会を設けました。
 事前に「ワークスタイル診断」をご受診いただき、ワークショップ当日にその結果をお配りして、解説やアドバイスをしていきます。

「自己理解ワークショップ」の概要 

  • 名称: エトス・イブニングセミナー
    「自分自身の思考・感情・対人関係の傾向と対策を知る」

  • 開催日時: 2018年3月22日(木)19:00~20:45
  • 会場: メトロ「銀座」から徒歩1分の会場
     (ご参加確定された方に詳細をご案内します)
  • 参加費: 8,640円(事前の診断受診料、消費税を含む)
  • お申込み方法:こちらからお手続きください。
     お申込みフォーム:Ethos(エトス)
  • ワークスタイル診断に関する詳細は、こちらからご確認いただけます。   

 このワークショップは、特に経営者・幹部・管理職などリーダー的お立場の方、専門職や営業職で、多様な人と接する機会のある方には、ものすごくお役に立つことでしょう。
 自己理解を深めることは、早いほどお得です。
 そこから人生が変わり、対人関係を変えることで大きな応援団を手に入れることができるのですから。
 もはや孤独にガンバル時代ではありません。自分を深く知って、多くの人と良い関係をつくりつつ、大きな成果を出していきませんか?
 そのためのサポートを惜しみません。
                       門田由貴子

 

 

 

日経ウーマンオンライン「いい人脱出計画」連載10回が完結しました

昨年9月から日経ウーマンオンライン誌上で連載していただいた私の記事
「もう人生で損しない!いい人脱出計画」が、
お陰様で無事に最終回まで公開されました。

しかも、嬉しいことに、公開されるたびに【総合ランキング1位】を獲得。
人気芸能人のコラムなども掲載されている中で、無名の私の記事が毎回1位に浮上したのは、ひとえにお読みくださった皆様のおかげです。
もうひたすら感謝感謝でございます。ありがとうございます。

f:id:kadota-y:20180125090724p:plain

「えぇ~?10回もあったの?」「読みそこなっちゃったわ~」という方のために、ここで全10回の記事をまとめてリンクしておきます。

この記事は、「懸命に働いているものの、いい人すぎて損をしているビジネスパーソン」のために書いたもの。
(つまり、あなたですよ!)
掲載されたのは日経ウーマンオンラインですが、記事の対象は男性も女性も含めたすべての「働いている、いい人」たち。
だから、男性の皆様にもお読みいただきたいのです。
 
第1回(2017年9月5日公開)

wol.nikkeibp.co.jp

第2回(9月19日公開)

wol.nikkeibp.co.jp

第3回(10月3日公開)

wol.nikkeibp.co.jp

第4回(10月17日公開)

wol.nikkeibp.co.jp

第5回(10月31日公開)

wol.nikkeibp.co.jp

第6回(11月14日公開)

wol.nikkeibp.co.jp

第7回(11月28日公開)

wol.nikkeibp.co.jp

第8回(12月12日公開)

wol.nikkeibp.co.jp

第9回(12月26日公開)

wol.nikkeibp.co.jp

第10回(2018年1月16日公開)

wol.nikkeibp.co.jp

六角橋ミカさんが描いてくださるイラストが秀逸でしてね。
いつも原稿を編集部に送った後、次はミカさん、どんなイラストを付けてくれるかな?と楽しみにしておりました。
お気づきの方もあるかと思いますが、1回だけイラストのない回があります。そのへんは「オトナの事情で」ということで、お察しくださいませ~。
 
では、ごきげんよう~♪

「はたらく」は出来ていますか?

世間では「働き方改革」がブームで、生産性の低さを問題視している。だが、そもそも「はたらく」が出来ていない人が多すぎる事こそ問題なのではないか?

経営コンサルタントとして私は、クライアント企業で「問題社員」と呼ばれる人達の面談をするが、呆れ果てること多しなのである。

彼ら彼女達は口々に文句を垂れる。
「給料が安すぎる」
「残業が多くてウンザリ」
「やらなきゃならないことが多い」…。
そして、従業員の権利を声高に叫ぶ。

では、彼ら彼女達は、そう立派なことを言うだけの義務や役割を果たしているのだろうか?   

はたらく】とは、はた(他・傍)にいる人々にラク(楽・価値)をもたらすこと。つまり、周囲の人々から感謝されるレベルの仕事をして初めて、給料をもらう資格がある。この「誰かのために我が身を使って貢献する」マインドこそ尊い。
これができている人を世界は放っておかない。必ずや、その尊い貢献に見合った報酬を何らかの形でもたらすだろう。

それにひきかえ、文句を言いまくる人達はどうだろうか?「生活するために給料が欲しい」「給料もらうために、仕事は我慢してイヤイヤやっている」人達には、微塵も貢献意識は見られない。あるのはむき出しの自我であり、エゴだ。

自分自身が楽しい・好きなことのみやり、イヤなこと面倒なことを忌避するのは【どうらく(道楽)】。
自分がラクをしたいと手を抜き怠慢なのはじだらく(自堕落)】。
いずれも、ぱっと見の行動は似ていても、目的や成果は【はたらく】とは似ても似つかない。

そんな人達は、遅かれ早かれ職を失うだろう。AIや高度ITが、ヒトを労働から解放してくれるから。

さて、あなたは、誰のどんな期待に応え、ニーズを満たすために貢献するのか? それが、本来の【はたらく】である。

働き方改革の前に、本当に自分は「働いているか?」、自分にとって「意味のある仕事とは何か?」その辺りから深く考えてみた方が良いのでは?

形ばかり論じる「働き方改革」だが、本質的に「はたらく」の意味から考えるべきと思わせられる人達が多い。残念ながら、それが日本企業の内側なのである

(^^)v

 

 

あなたの世界から嫌いな人がいなくなる魔法

 社会人のストレスの9割が、人間関係に起因するといわれて久しいですね。

 あなたの周りに、「この人さえいなければ、どんなに楽か」と思うようなイヤな人、嫌いな人はいませんか?

 その人のせいで、どれだけの心労を抱えていることか…。

 

 はい、わかります。

 私もそういう思いをしたことがありますから。

 

 そうはいっても、まさか、その人を呪い殺すわけにもいきません。

 「消えろ!」と言ってみても、消しゴムでも消せません。

 

 しかし、とっておきの「魔法」があるんです。

 「魔法」だなんて、信じられますか?

 

 私が会社員だった頃、この「魔法」を使ってみたところ…。

 

 定期異動でもない時期に、大嫌いな上司が左遷されていきました。

(やっほー!)

 

 つい数年前も、仕事の関係者で、ものすご~くイヤな性格の人がいたのですが、この「魔法」を使ったら、二度と会うことがなくなりました。

 

 効果を感じているのは、私一人ではありません。

 

 個人セッションで「パワハラ上司」や「嫌味なおつぼね」のご相談をされた時にも、この「魔法」の使い方を詳しくご紹介したら、わずか数週間で、「アイツが消えました!」というご報告をいただいたこともあります。

 

 かなり再現性が高い方法です。

 誰が使っても、効果がみられる方法です。

 

 ただし、ほんの少しだけ、使い方にコツがあります。

 ですから、直接お会いして、詳しくご紹介いたしましょう。

 

「あなたの世界から嫌いな人がいなくなる魔法」

1220()19:0020:45<銀座>

 エトス・イブニングセミナー

「あなたの世界から嫌いな人がいなくなる魔法」

 参加費: 6,480円(消費税込み)
お申込み⇒ https://www.ethos-net.com/application/index.php

 

 人間関係でお困りの方は、絶対にお見逃しなく!

                        門田由貴子

 

来年2018年を最高の年にするために❤

こんにちは、門田由貴子です。

そろそろボーナスが楽しみなシーズンとなってきましたね。

毎日がんばっているご自分へのご褒美は、もう決まりましたか?

私がイチ押しでお勧めしたいのは、こちらです。
kadota-y.hatenablog.com

 

なぜ、私がこちらをお勧めするのか? 

具体的な効果・効能を挙げると…

・セルフイメージが高まる
・自分の心の奥底にある夢や願いに気づく
・これから進むべき方向性が見えてくる
・夢や目標が自然にかなうように、自分の意識と行動が変わる
・だから、結果として、夢がスルッと叶っちゃいます!

1時間にお一人様だけ。
本物の宝石に囲まれた、それはそれは贅沢な時間と空間を満喫いただける、特別なイベントです。

ここでオーダーされたジュエリーは、来年2月4日(日)のお受け取り。
まさに、新しい年の始まりである「立春」のタイミングです。

しかも、こちらのイベントの参加費は無料です。

来るでしょ? 来ないと損でしょ?

ご予約はこちらから承ります。

お問い合せ:Ethos(エトス)

「オーダー会参加希望」と明記のうえで、ご参加希望の日時(9日・10日の10時~18時までの間のお好みの時間)をお知らせください。追ってご連絡させていただきます。

あなたの問題や悩みを1時間で解決いたします。
門田由貴子の個人セッションは、こちらからご予約を承っております。
http://www.ethos-net.com/mendan/index.html
完全予約制です。
銀座の応接室でお目に掛かってご相談を承ります。
面談希望日の1週間以上前に、ご予約下さい。




Copyright Yukiko Kadota, ©2017~