門田由貴子の人しごと見聞録

経営コンサルタント/キャリアカウンセラーの経験から、皆様にお役に立ちそうな情報をお伝えしていきます

なぜ私がキャリア・カウンセリングに注力しているのか?

不安とコンプレックスの塊だった5歳の私。
「私はブスだし、性格も悪いらしい。身体は弱いし、運動は苦手だ。
ウチは貧乏だし、両親は私の教育になんて興味ないし。
何のとりえもない私は、オトナになって、ちゃんとやっていけるんだろうか…?」 
不安とコンプレックスゆえに、オトナになるのが怖くて仕方なかった私。

そんなある日、物語を読んでいて、その中に私自身の未来像を発見した。
「あ、私は将来、こういう役割の人になるんだ!」と。
こういうのを直感と呼ぶのか? あるいは何らかの啓示か?
私にとって、この直観は、深いところから生じる確信でもあった。
   
その物語とは、『シンデレラ物語』。
世界中の少女が憧れるお姫様のストーリーだ。
   
だが、私が注目したのは、お姫様になったヒロインではない。
あのヒロインを、みすぼらしい娘からお姫様(将来の女王様)に変身させた、偉大なる立役者がいたでしょ?
そう、魔法使いのおばあさん。

彼女は、人の中に潜む本質を見極め才能を開花させ人として輝かせる
その人が歩むべき本来の道に進めるよう、支援し指導していく人。
つまり、人を天命に導くプロデューサーである。

f:id:kadota-y:20170321115936j:plain
 
この物語を読んだ瞬間、魔法使いのおばあさんの中に自分の未来を予感した。

そして今、私にとって大事な仕事の一つが、「キャリア・カウンセラー」。

「キャリア」とは、人としての生き方そのもの。
誰にでも天命・使命があり、そのために才能をもってこの世に生まれてくる。
才能を発揮し、使命に沿った働きをすることこそ、天から望まれている生き方。

それを支援するのが、魔法使いのおばあさん。
あ、違う。
魔法使いのようなオネエサン=ワタクシ。

だから2003年に勤務先を辞めて独立して以後、キャリア・カウンセリングの仕事をずっと続けてきた。
普段の私は、もっとすごい「魔法使い」になろうと、人をプロデュースするのに使える理論や技術(発達心理学やキャリア開発理論、カウンセリング技法など)を磨いている。

キャリア・カウンセリングは、間違いなく私の天職であり、天命だ。
そう実感できる奇跡のような瞬間が、もう15年も続いてきた。 

そして、未来に向けて。
これから世界はものすごいスピードで変わっていくだろう。
ロボットやAIはあらゆる職場に入りこみ、国家や言語の壁がうすくなる。
過去の人生観や労働観は、もはや化石のような扱いになる。
もはや日本企業の優位性は失われた。
日本企業に大量の雇用を抱える力は残されていない。

つまり、すべての人が、古い考え方を捨てて、自分の生き方・働き方を
真剣に考えなければならない時代になる

「あなたらしい本当の生き方」を実現するために。
「夢や理想」を現実化するために

魔法使いのオネエサンのサポートを求めている方、迷える子羊さん。
ぜひぜひ、コンタクトください。
あなたの使命と才能の活かし方、あなたが最高に輝く生き方について、一緒に考えていきましょう。
  
個人セッションの予約は、こちらから承っております。
http://www.ethos-net.com/mendan/index.html

では、ごきげんよう~

あなたの問題や悩みを1時間で解決いたします。
門田由貴子の個人セッションは、こちらからご予約を承っております。
http://www.ethos-net.com/mendan/index.html
完全予約制です。
銀座の応接室でお目に掛かってご相談を承ります。
面談希望日の1週間以上前に、ご予約下さい。




Copyright Yukiko Kadota, ©2017~