門田由貴子の人しごと見聞録

経営コンサルタント/キャリアカウンセラーの経験から、皆様にお役に立ちそうな情報をお伝えしていきます

「チャンス」を勘違いしていませんか?

こんにちは、門田由貴子です。

ごく最近に、ある人と話をしていて「あれれ?」と違和感を感じたのは、この一言。 

「とっても興味があるんですけど、ちゃんと出来るか、ちゃんとついていけるかどうか不安で…」

 

何か、とてつもなく興味関心をひかれるものがある。
それに申し込みたい!という気持ちは強い。

なのに、前進することを拒み、後ろに引き戻そうとする感情がある。

それが、「ちゃんと出来るかどうか自信がない」「ついていけるかどうか不安」というもの。

 

いずれも、ハッキリ言えば、無用な心配ですね。

そんなことを気にするなんて、アホちゃうかね? と言いたい。

 

そもそも、「ちゃんとできるか?」って、誰から裁かれることを想定しているんでしょうか?

赤の他人から、あなたがどう思われようと、そんなの、「あなたという人間の価値」には少しも関係ないことですよ。

 

「ついていけるかどうか不安」なんて余計なこと。

そもそも、自分と他人を比較する発想がオカシイ。 

そして、他の人と同じ程度に自分ができないことを不安がるなんて、オカシイ。

 

世界中の人には、すべて個性があるのです。

実力の程度も、何がどの程度できるのかも全部、個性のうち。

「他の人と、同じことを同じレベルにできなきゃいけない」なんてことを規定している法律はありません。

そんなことを強要する人がいたら、それこそオカシイ。

  

つまり、まるで無用な心配をして、とても興味があるものをムリヤリにあきらめようとするなんて、アホちゃうかね?と思うのです。

まぁ、「自分は絶対に幸せになってはいけない」と強く思い込んでいる人には、よくある傾向なのですが…。 

  

言葉の通りに「とても興味がある」なら、とっとと申し込んで、その権利を確保すればいいのでは?

その権利を、どの程度にうまく使うかどうかは、すべて申し込んで権利を確定させた後の問題。

 

しかも、だ。

 

世の中の「チャンス」というものは、常に希望と不安が混ざっているに決まっている。

100%完全にできるはずなら、そんなものは「当然」であって、チャンスとは呼ばない。

 

チャンスをつかんで、自分自身をワンランク・アップすることには、常に希望と同時に、不安や恐怖がつきまとう。

そういう「希望と不安が共存」しているものをチャンスと呼ぶのですよ。

 

成功者は、時には、できる見込みが10%しかないというレベルでも、そこに可能性があり、希望を見出すなら、迷うことなく手を出す。

YESと言い、契約する。

 

もちろん、不安もある。心配だ。

でも、10%の可能性に賭ける。

 

その連続をしている人だけが、上昇気流に乗り、短期間のうちに次々とチャンスをつかみ、成功していく。

そういう状況を「龍の背に乗る」と表現する人もいる。

 

あなたのすぐ目の前にも、チャンスと呼べるものが近づいてきているのでは?

迷うことなく、私ならすぐに手を伸ばして掴みますけど?

 

つい最近も、あるイベントで「失敗がこわくないんですか?」と質問された。

 

あのねぇ。

世の中に失敗なんて存在しないのです。

「うまくいかない方法を見つけた」だけ。

 

あきらめずに次のチャンスに向けて準備すればよいだけでしょ?

そう考えれば、何も怖いことなんてないのです。

  

もしも、あなたがチャンスをつかみたいとお考えなら…。

「薔薇色仕事塾」「天命IDEA塾」を強くオススメいたしますけど?

 

kadota-y.hatenablog.com

 

あなたの問題や悩みを1時間で解決いたします。
門田由貴子の個人セッションは、こちらからご予約を承っております。
http://www.ethos-net.com/mendan/index.html
完全予約制です。
銀座の応接室でお目に掛かってご相談を承ります。
面談希望日の1週間以上前に、ご予約下さい。




Copyright Yukiko Kadota, ©2017~