次元上昇リーダーシップ by キャサリン門田

人生は変えられる。仕事も働き方も、人間関係や環境ですら変えられる。経営コンサルタント/キャリアカウンセラーの経験をふまえて、あなたをステージアップさせるポイントをご紹介していきます。

「努力が報われる人」が身に着けていること

どのような職場にも、努力が報われる人と、がんばっても報われずに悲しい思いを抱える人がいます。

両者は、何が違うと思いますか?

 

私は、企業の人事制度でコンピタンシーモデルを設計するために、いわゆる社内の「デキる人」「ふつうの人」「残念な人」からインタビュー調査をすることがあります。

 

同じ職種、同じ職場で、同じように頑張っているのに、働く人の個人差は大きく開いていきます。

 

ある人は「デキる人」と高く評価され、高額の能力給やボーナスをもらい、短期間のうちに昇進昇格していきます。

花形のプロジェクトに抜擢されて、ますます実績を積み重ね、どんどん「仕事ができる人」として成長していきます。

 

一方で、がんばっているにもかかわらず、「残念な人」扱いされてしまい、最低限の査定に甘んじて、雑用を押し付けられる人もいるわけです。

 

あなたは、どちらに近いでしょうか?

 

客観的にインタビューしてみると、その違いは歴然なんです。

 

「デキる人」は、いかにも「デキる人」らしい発言をします。

着眼点もさすが、質問に対する回答もさすが。

 

一方で、「残念な人」は、もう発言から残念。

発言の内容も表現も残念。論点もズレまくり。

話を聞いているのがつらくなります。

 

とはいえ、ここが大事な点なんですがね、「デキる人」と「残念な人」との間で、実績や能力はたいした違いはないんです。

むしろ、「残念な人」の方が、良い人だったりするほど。

 

では、何が、どのように違うのでしょうか?

実は、ちょっとした違いなんです。

 

その「ちょっとした違い」を理解しているかどうか?

それが、同じ会社・同じ職場にいても、天と地ほどの待遇の違いをもたらすわけなんですね。

 

その「ちょっとした違い」を知っている人は、自分が少し努力しただけで、充分に報われていきます。

お金や待遇、上司の接し方、担当プロジェクトなどで。

 

反対に、その「ちょっとした違い」を知らなければ、必死に頑張っているのにもかかわらず、努力が報われず、「どうして私ばっかり、こんな目に遭うんだろう?」と嘆き悲しむことになるんですね。

 

こうして、同じ職場・職種・仕事でがんばっているのに、「デキる人」と評価され、努力が報われていく人がいる。

「残念な人」扱いされ、努力が報われない人がいる。

 

不公平じゃないか! そう感じる人もいるかもしれません。

 

でも、人事部門や上司の目から見て、両社の違いは歴然。

その違いを「理解していない本人のせい」なんですよ。

 

そこで、この辺のお話を、ミニセミナーで詳しく皆様にお伝えすることにいたしました。
これは、知らないままで過ごしたら、一生、後悔することになると思いますよ!
そう言い切れるほど、大事なポイントなのですから。

 

Ethosミニセミナー
「努力が報われる人が身に着けていること」

 

<主な内容>

・あなたのガンバリ方は間違っていませんか?

・いくら努力しても、成果につながらないこと

・「残念な人」に共通する10項目

・キャリア成功「3+2の法則」

・「デキる人」と評価される人は、何が違うのか?

・そろそろ、「報われる働き方」をしませんか?

・短期間で、「デキる人」に変身するスキルアップ術

・仕事塾や研修で、スピード成長した人の条件

※【参加特典】ご希望者には個人セッション実施(無料)

 

<開催要領>

・日時: 225()19:0020:45

     32()10:0012:00
     37()
19:0020:45

     314() 19:0020:45
 
※同じ内容です。ご希望の日にご参加ください。

・会場: 銀座(参加確定者に詳細をお知らせします。

・参加費: 4,700円(消費税込み)

・お申込方法: 以下のフォームから手続きください。

www.ethos-net.com

 

p.s. いまインフルエンザが流行っていますね。

   マスク、手洗い、ウガイ。この3点セットをお忘れなく。

キャサリン門田でございました。ごきげんよう。

 

あなたの問題や悩みを1時間で解決いたします。
門田由貴子の個人セッションは、こちらからご予約を承っております。
http://www.ethos-net.com/mendan/index.html
完全予約制です。
銀座の応接室でお目に掛かってご相談を承ります。
面談希望日の1週間以上前に、ご予約下さい。




Copyright Yukiko Kadota, ©2017~