次元上昇リーダーシップ by キャサリン門田

人生は変えられる。仕事も働き方も、人間関係や環境ですら変えられる。経営コンサルタント/キャリアカウンセラーの経験をふまえて、あなたをステージアップさせるポイントをご紹介していきます。

「残念な人」には3種類ある?!

どのような企業にも、ザックリ分けて、3種類の人がいます。

1)デキる人
2)ふつうの人
3)残念な人

ここで、問題なのが、「残念な人」です。

自分で自分をどのように評価しているか?
それと、企業の人事査定から見た区分は、異なることが多いものです。

一口に「残念な人」と言っても、3種類に分かれます。

その中の一つ目が、Aタイプ。

A)自分は自分のことを「デキる人」だと思っているが、実は、たいしたスキル・実力・経験・実績がなく、上司や周囲から「残念な人」だと思われている人。

こういう人たちはたいてい、このように愚痴をこぼします。

「私はこんなに頑張って貢献しているのに、認められない…」と。

どうでしょうか? あなたの周りに心当たりありませんか?
え? あなた自身がこう思っている? 
それは問題ですぞよ!

本人は「がんばって」いるつもりでも、残念ながら「がんばりどころ」がズレているんですね。

あるいは、「貢献している」つもりでも、その貢献によって誰も幸せになっていない。
つまり、独りよがり。

「残念な人」の中でも一番多いのが、このタイプの人たち。

彼らは当然、多くの怒りやストレスを抱えています。

彼ら彼女らは、なぜ、このようなカンチガイをしてしまうのか?

それは、ただ単純に、世界が狭いからです。
自分の育った業界・企業・職種・職場という「小さな世界」の中だけで物事を考えているので、世間知らずです。

世間には、際限なく優秀な人、優良企業がいるのに、そういう人のことを知らずに、井の中の蛙になっているんですね。

たとえば、30歳なら、世間で「有能な人」と認められる水準があります。
40歳なら、当然、明らかな実力や実績が示されるべきでしょう。
50歳なら、指導力などリーダーシップを発揮した成果が期待されます。

では、具体的に、どの程度のレベルが「有能な水準」なのでしょうか?

その辺は、ミニセミナーで詳しくお伝えいたしましょう。

ミニセミナーの最後には、、今年4月に開講する【プレミアム仕事塾】の概要も5分程度でご紹介します。
ご興味のある方は、ぜひ「プレ講座」にお越しください。

kadota-y.hatenablog.com


さて、「残念な人」にはあと2タイプ(B、C)いるんですが、長くなるので続きはまた次の記事でお伝えいたしましょう。

キャサリン門田でございました。ごきげんよう~。

 

 

あなたの問題や悩みを1時間で解決いたします。
門田由貴子の個人セッションは、こちらからご予約を承っております。
http://www.ethos-net.com/mendan/index.html
完全予約制です。
銀座の応接室でお目に掛かってご相談を承ります。
面談希望日の1週間以上前に、ご予約下さい。




Copyright Yukiko Kadota, ©2017~